Home » ブログ » 発泡スチロールで簡単にコロナ対策!飛沫防止パネルを加工しました

ブログ

株式会社ハヤシダです。

コロナが収束する気配がなく、イベント事業や店舗、学校、塾など、人が多く集まるところでは、飛沫防止対策はかかせません。

現在、木材やプラスチック、段ボールなど

様々な製法の飛沫防止パネルがありますが、発砲スチロールでも飛沫防止パネルをつくることが可能です。

今回は、塾様より、子供たちが使用する机に、コロナ対策として

飛沫防止パネルをオリジナルで加工しました。

発泡スチロールで飛沫防止パネルで枠組みをつくります。

発泡スチロールの枠組みに熱線で切込みを入れて、透明な塩ビ板を差し込み、ノリで接着します。

自作の飛沫防止パネル

下から、書類やモノが渡しやすいよう、空間をつくるため、土台の調整します。

また、縦型、横型でも設置できるようになっております。

発泡スチロール製飛沫防止パネル

透明なアクリル板や塩ビ板が、現在コロナの関係で人気なので

仕入れが大変なのが現状ですが、

発泡スチロールでこのように簡単に飛沫防止パネルがつくれます。

切込みを入れた発泡スチロールのみの販売も行っております。

ご参考までに、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


発泡スチロールカット

株式会社ハヤシダ
〒270-2308
千葉県印西市本埜小林50
TEL: 0476-88-7898
FAX: 043-332-8651

メールフォーム

↑ PAGE TOP