Home » ブログ » 発泡スチロールの浮力

ブログ

発泡スチロールは98%が空気のため、水に浮きます。

どのくらいの重さまで水に浮くのかというご質問を多くいただきます。

発泡スチロールの密度や重力、圧力などの条件により変動しますが、サイズにより何kgまで浮くのかという目安を計算してみました。

サイズと浮力

  • 900×1800×400mm ・・・ 640kg
  • 900×900×200mm  ・・・ 160kg
  • 450×450×100mm  ・・・  20kg

※96倍品発泡

密度が高い発泡スチロール(硬い発泡スチロール)の場合は、空気が少なく重いため、浮力は下がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


発泡スチロールカット

株式会社ハヤシダ
〒270-2308
千葉県印西市本埜小林50
TEL: 0476-88-7898
FAX: 043-332-8651

メールフォーム

↑ PAGE TOP